ヒーロー

ペピー/Peppy

   

スキン グリフ
int
Ma
HP
Md pen
HP
1,365
10,650
106,872
10,650
106,645
Ma
HP
Md pen
Md
int
6,500
62,200
6,500
6,500
1,135
アーティファクト 知恵の木
①Md
②Md pen
 ma
③int
32,040
10,680
5,340
3,990
HP
Ma
Ar
Md
Md pen
39,000
10,534
3,168
4,014
3,490
アセンション Max ステータス
int
HP
Ma
Ar
Md
Md pen
2,210
89,250
7,910
8,350
2,490
10,160
Pow
int
agi
str
HP
物理
魔法
Ar
Md
Md pen
131,400
16,089
2,736
2,741
565,633
21,611
112,885
14,254
38,398
49,010
   
   

後方、魔法使い,支援

スキル紹介

通常攻撃

AS 攻撃対象:単体

仮面舞踏会

魔法ダメージを各敵に与えて、敵を6秒スタン、暗闇状態またはスロウ状態にする。対象のレベルがこのスキルレベル以上の場合、効果が発揮する確率が下がる。

ダメージ:46,866(30%*魔法+100*lv)

  • 赤-ダメージ/青ースロウ/黄-スタン/緑―暗闇
  • 効果はランダム
仮面舞踏会

大胆

シールドの珠を味方に4秒間与える。シールドを得た見方がダメージを受けると、珠が一番近くにいる敵に魔法ダメージを与える。

スキル速度:14秒

ダメージ:23,433(15%*魔法+50*lv)

  • クリーバーとシナジーがある
大胆

浮かれ騒ぎ

一番近くにいる敵にダメージを与えて3秒間スタンさせるビームを出す。対象のレベルがこのスキルレベル+20以上の場合、スタンの確率が下がる

スキル速度:17秒

ダメージ:49,260(35%*魔法+75*lv+1,500)

4倍ダメージ:197,040

  • 第4スキルはこのスキルダメージにだけに効果がある
浮かれ騒ぎ

トリックスター

2倍または4倍のダメージを与えるチャンスを獲得する

2倍ダメージ率:75%(0.5%*lv+30%)
4倍ダメージ率:32.5%(0.25%*lv+10%)

育成順序

スキル

スキン

グリフ

アーティファクト

カウンター

アセンション

ランク知力HP魔法ArMdMd pen
12307,000540790300890
231512,2501,0701,4901,480
349519,5001,6901,5409102,200
456023,7502,1602,6802,690
561026,7502,4501,8501,2802,900
合計2,21089,25014,540
(7910)
8,3504,700
(2,490)
10,160

装備

破片
合成
420
(21)
840
(42)
460
(23)
1,220
(61)
460
(23)
260
(13)
340
(17)
60
(2)
50
(1)
120
(6)
50
(1)
 
破片
合成
320
(4)
1,840
(23)
160
(2)
1,440
(18)
160
(2)
160
(22)
720
(9)
80
(1)
640
(8)
450
(3)
80
(1)
320
(4)
240
(3)
320
(4)
400
(5)
300
(2)
 
破片
合成
1,200
(6)
400
(2)
600
(3)
200
(1)
200
(1)
400
(2)

ギャラリー

ストーリー

小さくて、内気で、かわいらしい者に何ができる?良いことをしたくても、悪に抗う力が残っていなかったとしたら?幼いペピーは解決策を見つけた!彼女の素晴らしい活躍は、ドミニオンの誠実な民衆に喜びを与えている。これは、貪欲な悪人どもには深刻な問題だ。

幼い頃から姉のジルに育てられたため、両親のことは覚えていません。二人が住んでいたのは、屋根からツタが伸び、蜘蛛の巣が張り巡らされた廃墟のような屋敷だった。ジルは毎朝仕事に出かけ、妹が外を見るのも厳しく禁じられていた。

1年生が家にいることは、ペピーにとって何の問題もありませんでした。外に出なくても、オリエンタルな提灯からの柔らかい光、ジルが作った焼きたてのパンの匂い、そして…本など、面白いものがたくさんあるからだ。以前の所有者によって屋敷に忘れ去られたほこりだらけの本のページの中に、彼女の前にはなんと魅力的な世界が広がっているのでしょう。勇敢な騎士が善行を行い、誠実な女性が真実の愛のために危険を冒す-本の中ではすべてが美しく、常に善が勝つのである。別の物語につられて、ペピーはスカートをはいて鏡の前でポーズをとり、誰かに向かってニヤリと笑ったり、腕を大きく曲げたりしました。数年が経ち、ペピーの演技力はどんどん高まっていった。

そして、少女が家の外の世界を見てみたいと思う時が来たのだ。姉が帰った後のある日。ペピーは一番きれいな靴を持って、メモを書いて外に飛び出しました。王子様やバラムや笑い声はどこにあるの?どうしてこんなに悲しい人たちが物乞いをしているの?ペピーが見た世界は、本の中とは本当に違っていました。

しかし、巨大な黒馬に乗った悪魔たちが街の広場にやってくると、世界は完全に崩壊した。その後ろを歩いていたのは、奴隷として捕らえられた痩せこけたドミニオンの人々だった。ペピーは、「いや、世界はそんなに悪いはずがない」と思った。彼女はモンスターの方に歩み寄り、演奏を始めた。

このときのペピーを見た人は、きっと魔女だと言うだろう。茫然自失のモンスターたちは、彼女の風見鶏のピンクのフラッシュを見て、女優の気分を真似して、すべてのしぐさや音をキャッチした。そして、クライマックスになると、すべてのモンスターの上にシアターマスクが点灯した。Ta Da, the finale! しかし、拍手の代わりに、馬から観客の死体が落ちる音がするだけだった。ペピーは動揺することなく、ポケットから鍵を取り出し、囚人たちの手錠を外した。

自分の芸術の本当の力を知った彼女は、大好きな本のページに描かれているような世界を作る準備ができたのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました