ヒーロー

アスタロス/Astaroth

  

スキン グリフ
str
Ma
Ar
Ma
HP
1,365
10,650
10,650
10,650
106,645
Ma
Ar
HP
Md
str
6,500
6,500
62,200
6,500
1,135
アーティファクト 知恵の木
①Ar
②Ar
 Md
③str
32,040
8,010
8,010
3,990
HP
Pa
Ma
Ar
Md
81,160
5,001
1,550
3,808
4,132
アセンション Max ステータス
str
HP
Ma
Ar
Md
2,210
99,750
7,910
9,960
10,010
Pow
int
agi
str
HP
物理
魔法
Ar
Md
131,602
3,402
3,065
15,229
1,073,375
29,160
62,777
48,642
39,969
   
   

前線、戦車、支援

スキル紹介

通常攻撃

AS 攻撃対象:範囲

炎のヴェール

チーム全体に、物理ダメージを防ぐシールドをかける。シールドの耐久値はメンバー全員で共有される。

シールド上限:76,777(100%*魔法+100*lv+1,000)

炎のヴェール

破壊

アスタロスが業火の炎を吐き出し、最も遠くにいる敵がためたエネルギーの一部を燃やす。敵がアスタロスのレベル以上の場合エネルギーを燃焼する確率が下がる。

スキル速度:16秒

エネルギー燃焼:38%(0.1%*lv+25%)

破壊

悪魔の忠誠

パッシブスキル。アスタロスは残りのHPの最も低い味方と繋がり、その味方が受ける物理ダメージの一部を引き受ける。移行されたダメージは軽減される。

物理ダメージの48%(0.1%*lv+37%)を移行する。
移行されたダメージから追加で34.5%(0.15%*18%)差し引かれる。

  • 影響が受ける味方の足元に円形のエフェクトが出る
悪魔の忠誠

最後の言葉

1バトルにつき1回、アスタロスは倒れた味方(または自分)を復活させる。

復活後の追加HP:100,277(100%*魔法+250*lv+15,000)

  • 強いスキルだが、セレステやモリガンのスキルの影響を受けると復活直後に即死する
最後の言葉

育成順序

タンクヒーローなので、まずは耐久力を高める順番で上げていきましょう。

スキル

スキン

魔法攻撃はそれほど重要じゃないです。上げれば強くなりますが、余裕がないなら他のヒーローのスキンを優先した方がいいです。

グリフ

アーティファクト

カウンター

魔法攻撃と、純ダメージに弱い。セレステとモリガンが第4スキルを無効化します。

アセンション

ランクHP魔法ArMd
12309,000540890890
231514,0001,0701,4001,400
349522,0001,6902,2002,200
456025,7502,1602,5702,620
561029,0002,4502,9002,900
合計2,210188,150
(99,750)
7,9109,96010,010

装備

破片
合成
620
(31)
120
(6)
380
(19)
700
(35)
640
(32)
520
(26)
80
(4)
320
(16)
140
(7)
150
(3)
40
(2)
 
破片
合成
560
(7)
320
(4)
1,760
(22)
1,920
(24)
160
(2)
160
(2)
240
(3)
320
(4)
560
(7)
300
(2)
80
(1)
80
(1)
640
(8)
400
(5)
80
(1)
600
(4)
160
(2)
 
破片
合成
400
(2)
200
(1)
400
(2)
400
(2)
600
(3)
400
(2)
200
(1)
200
(1)
200
(1)

ギャラリー

ストーリー

アスタロスの焼け付く刃は、耐え難い熱を発し、彼の瞳は地獄の業火で燃え盛っている。神に拒否されたこの天使の心には怒りが満ちているのだ。彼の願いはたった一つ、この世界を灰にすることだ。

真っ白な翼が消せない炎に変わり、果てしない苦しみをもたらした日、アスタロトは父親の愛が無限ではないことに気づきました...


神の息子であることは、まったく難しいことではありませんでした–または、若い天使は当時考えていました。あなたがしなければならなかったのは、美しい外観を身につけることだけでした、そして、お父さんが見ていなかった間、あなたはあなたが好きなことを何でもすることができました。神々はそのように奇妙です:彼らは人間が関与しているときにどんな行動も予見することができますが、彼ら自身の子孫をほとんど見守ることができません。それとも、父親は子供が成長して理由を見るのを待っているだけで、すべてを知っていましたか?


要するに、アスタロトは彼の時間を最大限に活用し、ちっぽけな人間をいじり、彼の兄弟をからかい、そして大天使をあざけることさえしました。確かに、あなたのお父さんの神がいつ恐れることがありますか?


若い悪魔リリスとの関係は、結局、彼の父の忍耐の限界でした。天国と地獄は、権力のバランスを注意深く監視し、利益相反がないことを確認するため、お互いについてほとんどすべてを知っています。
このため、無謀な天使が運命的なトリックを採用していなければ、リリスとの関係は不可能だったでしょう。アスタロトは有望な戦士であるアーチデーモンの登場を想定していました。


まるで彼が芸術家の地獄の表現から一歩踏み出したかのように、強く、筋肉質で、マナーが荒い。そして、アスタロトは行き過ぎるまで、このふりをするのを楽しんだ。意外にもネザーワールドの生き物にとっての悪魔は、アーチデーモンに恋をした。無謀な天使は彼女を彼の妻と呼びました、そして、リリスは彼女が前に一度もなかったので幸せでした。


しかし、これはアスタロトの気まぐれの1つに過ぎず、彼は予想通りすぐに飽きてきました。彼は父親の家に戻り、リリスは行方不明の夫を探すために絶望的に身を投げました。彼女は家を出て歩き回り、通りすがりの人に彼のことを尋ねたが、彼が別の女性、死すべき者と幸せを見つけたと何気なく答えただけだった。アーチデーモンはファウルトリックでアスタロトに恨みを抱いたが、天使は地獄の住人がグレートアバブに行けないことを知って彼を笑った。真っ白な翼が消せない炎に変わり、永遠の苦しみを引き起こしていることに突然気づいたとき、彼は笑いながら泣いていた。その時、彼は父親の愛が無限ではないことを理解しました... 天国から追放され、地獄に軽蔑されたアスタロトは、すべての生き物に対する嫌悪と憎しみに満ちていました。彼はガーディアンに加わり、アーチデーモンの大群と激しく戦い、帰国する権利を獲得しました。彼が揺さぶったリリスが彼のチームに加わったとき、彼の計画は混乱して投げられました。堕天使が悔い改めたのか、新しい悪意を考えているのか、私たちはまだ知りません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました