ヒーロー

ヨルガン/Jorgen

 

スキン グリフ
str
HP
Md
Ma
1,365
106,870
10,650
10,665
Ma
HP
Ar
Md
str
6,500
62,200
6,500
6,500
1,135
アーティファクト 知恵の木
①Ma
②Ar
 Md
③str
32,040
8,010
8,010
3,990
HP
Pa
Ma
Ar
Md
80,840
1,395
8,568
3,732
2,630
アセンション Max ステータス
str
HP
Ma
Ar
Md
2,210
89,250
10,590
10,160
8,160
Pow
int
agi
str
HP
物理
魔法
Ar
Md
131,334
3,554
2,647
15,417
1,122,283
22,156
68,422
33,054
44,706
   
   

中間、コントロール、支援

スキル紹介

通常攻撃

AS 攻撃対象:単体

無力の苦しみ

ヨルガンは敵の前線にスカルを召喚し、近くにいるヒーローに魔法ダメージを与える。影響を受けた敵は、9秒間エネルギーを獲得できなくなる

ダメージ:54,053(60%*魔法+100*lv)

  • エネルギーは獲得できないが、ゲージが満タンならスキルの発動はできる。
無力の苦しみ

エネルギー循環

魔法シールドで味方を守る。シールドが破壊されるまで、対象の味方はエネルギーを2倍の速さで獲得する。
シールドはすべてのタイプダメージを吸収できる

スキル速度:14秒

シールド耐久値:64,145(70%*魔法+125*lv)

  • 対象は、現在HPの割合が最も低いヒーロー
エネルギー循環

除け者

スキル速度:20秒

ヨルガンが敵チーム全体に呪いをかけ、最も遠くにいる敵を呪いの対象にする。敵チームのヒーローが受けた物理ダメージは、10秒間呪いの対象に向けられる。

このスキルはすべての物理ダメージをレベル以下の敵に転換する。高レベルの敵にはダメージの一部のみが転換される。

除け者

汚染された傷

ヨルガンが通常攻撃するたびに、対象の敵のエネルギーを一部奪う

盗まれたエネルギー:110(1*lv+20)

育成順序

スキル

スキン

HPはチャンピオンスキンなので、無理して取る必要はない。トーテムのレベル上げしたほうがいい

グリフ

アーティファクト

カウンター

アセンション

ランクHP魔法ArMd
12307,0005408901,090
231512,2502,0601,490490
349519,5001,6902,2002,450
456023,7503,8502,6801,000
561026,7502,4502,9003,130
合計2,210177,650
(89,250)
10,59010,1608,160

装備

破片
合成
1,000
(50)
880
(44)
660
(33)
540
(27)
480
(24)
160
(8)
200
(10)
60
(3)
200
(10)
150
(3)
 
破片
合成
800
(10)
2,080
(26)
1,760
(22)
160
(2)
160
(2)
80
(1)
640
(8)
450
(3)
80
(1)
80
(1)
960
(12)
320
(4)
320
(4)
300
(2)
 
破片
合成
600
(3)
800
(4)
600
(3)
400
(2)
200
(1)
400
(2)

ギャラリー

ストーリー

どんな難しいことでも学ぶ覚悟ができている。それでも、まずは闇への忠誠を心を証明しなければならない。兄の命と、その不滅の魂を手に入れろと、魔法使いが叫んだ。だが、彼だけでなく他の誰もが、この悲劇の結末を予想だにしていなかったのだ…

ラースは、ホーナーの北部の人々の間で常に愛されてきました。輝かしい家族の長男として、彼は名誉と注意を払って惜しみませんでした。そして、彼の家に降りかかった悲劇の後、彼はその頭として崇拝されるようになりました。ヨルゲンとラースの両親は無法者に襲われて亡くなりましたが、妹のクリスタは行方不明になりました。その運命の日から何年もの間、ヨルゲンは彼が残した唯一の親族の影に住んでいました。


子供の頃、彼はラースを崇拝し、すべてにおいて彼と一致しようとし、魔法の芸術の勤勉な学生になり、常にホーナーの人々の助けを借りました。それでも、兄は自分の名声と栄光が彼にとってはるかに大きな関心事だったので、弟に注意を払うことはめったにありませんでした。したがって、ヨルゲンがどんなに優れていたとしても、彼は決して支持の言葉を聞くことはありませんでした。彼が若い若者であった時までに、ヨルゲンの心は憎しみと嫉妬の火で燃えていました。 「どうしてこれができるのか?これらの人々を不快にさせるために私は何をしたのか?」彼はアルダーフォレストの遠い場所で一人で何度も何度も尋ねました。身長の低い男が突然、生い茂った開拓地に足を踏み入れ、「ヨルゲン、何があなたを悲しませているのか知っている。私は別の運命を選んだが、私は追放者だ。達成した追放者の運命素晴らしさ!一緒に歩む道だと思います。」 「追放者、あなたは言う?亡命者?」不当は若者の魂に苦悩の波を送りました。 「私が何をするにしても、ホーナーの人々は私を自分たちのものとして受け入れることは決してないだろう!それは常にラースであり、ラースだけだ!」ヨルゲンは自分の気持ちに駆り立てられて起き上がり、知らない男を素直に追いかけました。


見知らぬ人は、強大な闇の魔術師、シャバラクに他ならないことが判明しました。しかし、ヨルゲンはスポンジのように知識を吸収していたので、少し心配していました。シャバラクは彼を称賛し、彼を彼の相続人であり後継者と呼んだ!何がもっと満足できるでしょうか?不快感の原因は1つだけでした。魔術師は彼の見習いに独特で病的な魔法の実験を行い、それは若いヨルゲンを生き物の嘲笑に変えました。背が低く、死にそうな青白い肌で、鋭く曲がった角のペアが際立っていました。これは、見習いにふさわしい外観のシャバラクの概念でした。
 

人間の生命力とエネルギーを操作することは、若い魔道士が自分自身に最も熟練していることを示していたものでした。毎日、彼は魔術師から供給された犠牲者を次々と練習しました。ヨルゲンが魂をむさぼり食うにつれて、彼自身の力が成長しました。敵の生命力が少なければ少ないほど、野心的な魔道士はより多くの力を利用できます。 「私の信じられないほどの魔法で彼の小さな世界を壊すとき、それは私の兄弟にとってなんと驚きでしょう!」彼は別の犠牲者から命を搾り取ったときににやにや笑った。生命のない貝殻が地面に落ちた後の貝殻。ヨルゲンの力は本当に印象的なものになりつつありました。彼の見習いが終わったとき、シャバラクは「弟子よ、あなたは本当に不可解な知識を受け取る準備ができています。しかし、最初に、あなたは最もふさわしい方法で闇への忠誠を証明しなければなりません:あなたの兄弟を殺すことによって!」 「じゃあ急いでやろう!」ヨルゲンは手をたたいて叫んだ。それでも、彼の言葉に見分けられる喜びはありませんでした… 


ヨルゲンは、髪が雪よりも白くなり、かつては完璧だった顔がしわで傷ついた兄をすぐには認識しませんでした。追い詰められたオオカミ、お辞儀をしない背中、くいしばられた握りこぶしのような目は、ラースの多くを言いました。魔術師の声は彼の見習いをほとんど耳を貸さなかった。 「彼を殺せ!ラースを殺せ!」ウィザードは叫んだ。ヨルゲンは魔法の杯を頭上に上げ、かろうじて聞こえるささやき声で呪文を発した後、シャバラクに衝突しました。彼でさえそのような力の打撃に耐えることができませんでした!


 そして、魔術師が苦しみながら悶えたとき、兄は兄を見つめました。その凝視には憎しみも嫉妬もありませんでした。彼は兄が変わったことに気づいた。ラースは家族の回復だけを夢見て、人々の愛を避けに来ていました。彼は何年もかけて2人の兄弟を探していました。彼は孤独を感じましたが、彼の民を捨てることはできませんでした。たとえ恨みに目がくらんでいたとしても、ヨルゲンは闇の魔術師の誘惑に屈し、罪の深みに沈みました。ああ、彼が犯した間違いの数!何人の罪のない魂が彼の手で死んだのか! 


悔い改めた兄弟たちは、伝説のガーディアンの仲間入りでドミニオンに仕えることで罪悪感を贖うことにしました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました