ヒーロー

サトリ/Satori

スキン グリフ
int 1,365 Ma 6,500
Ar 10,650 HP 62,200
Ar 10,650 Ar 6,500
    Md pen 6,500
    int 1,135
アーティファクト 知恵の木
Ma 32,040 HP 39,000
Md pen 10,680 Ma 10,534
Ma 5,340 Ar 3,168
int 3,990 Md 4,014
    Md pen 3,490
アセンション Maxステータス
int 2,210 Pow 163,626
HP 89,250 int 15,824
Ma 7,910 agi 2,578
Ar 4,630 str 3,233
Md pen 16,370 HP 391,237
    物理 21,030
    魔法 103,135
    Ar 39,331
    Md  23,353
    Md pen 45,228

ラインロールメインペット
前線魔法使い

スキル紹介

基本攻撃

発生:0.83
クールダウン:5秒
魔法ダメージ21,030(100%物理
弾速:600
射程:125

通常攻撃

AS 攻撃対象:単体

通常攻撃が魔法ダメージ

貪欲な群れ

ヒーローの基本攻撃は魔法ダメージを与え、敵に狐火の印(1個)を与える。スキルを発動すると、敵は与えられた印ごとに魔法ダメージを受ける

印毎の魔法ダメージ71,068(50%魔法+150*スキルLv)

発生:1.35
弾速:90
射程:590

貪欲な群れ

精霊の浄化

サトリが全ての敵に魔法ダメージを与え、狐火の印(1個)を与える。対象がこのスキルのレベル以上の場合、狐火の印を与える確率が下がる。

魔法ダメージ44,504(40%魔法+25*スキルLv)

発生:0.5
クールダウン:20秒
初回のクールダウン:5秒

精霊の浄化

永遠の叡智えいち

基本攻撃が命中するたびに敵の知力を吸収して、与えたダメージの200%をヒーローのHPとして回復する。知力吸収効果はバトル終了時まで持続し、解除することはできない。対象がこのスキルのレベル+20以上の場合、知力吸収発生率及び回復HP量が減少する

吸収知力:260(2*スキルLv+40)

迫りくる報い

敵が追加エネルギーを獲得するたびに、サトリが敵に狐火の印を9個を与える。ヒーローに対する攻撃、基本攻撃、スキル、敵撃破から得るエネルギーは追加エネルギーとはみなされない。対象がこのスキルのレベル+40以上の場合、狐火の印を与える確率が下がる。

  • 迫りくる報いの対象となるスキルを持つキャラクター
迫りくる報い

育成順序

スキル

1、緑
2、紫
3、白
4、青

スキン

グリフ

アーティファクト

1、魔法貫通魔法攻撃
2、魔法攻撃
3、知力

カウンター

アセンション

ランク知力HP魔法ArMd pen
12307,0005402001,780
231512,2501,0709102,060
349519,5001,6907803,870
456023,7502,1601,5703,800
561026,7502,4501,1704,860
合計2,21089,25014,540
(7,910)
4,63016,370

装備

ランク intagistrHP魔法ArMdMd penitem
白~青+215822225,65590575275180
40221,60034010020080
紫+170222,80040018016080
紫+232223,3601,032100240200
紫+35626264,8961,139180160200
22740407,600480200160
橙+116526263,2001,280320600
橙+225450502,5601,752920
橙+335926267,3602,656320760
橙+4509787811,4562,771320320
478787810,5602,4963201,2001,200
赤+172778784,5122,288
赤+25792182189,9205,6163201,200
合計3,65464864870,96725,3791,1553,5158,188
破片
合成
560
(28)
460
(23)
1,300
(65)
460
(23)
320
(16)
60
(3)
240
(12)
100
(5)
50
(1)
140
(7)
100
(2)
 
破片
合成
400
(5)
2,480
(31)
160
(2)
1,280
(16)
160
(2)
240
(3)
80
(1)
560
(7)
450
(3)
80
(1)
480
(6)
480
(6)
80
(1)
240
(3)
480
(6)
300
(2)
 
破片
合成
1,000
(5)
600
(3)
600
(3)
200
(1)
200
(1)
200
(1)
200
(1)

ギャラリー

ストーリー

野生の黒狐と生まれたばかりの子狐がお互いの温かさを求めて丸くなっていた。そして彼らが息を引き取るのを見ていたのは、夜と冬の森だけだった。相手の魂を救うために全てを犠牲にしたのは、いったいどちらだったのだろうか?

男の子は泣かない。短い人生の中で、サトリは何度もそう聞かされた。それでも涙は勝手に流れ、診療所の前庭の青々とした草むらに落ちていった。しかし、この色白で黒髪の少年の弱さを非難する大人はいないだろう。


サトリは、東山の奥にある「堅気の診療所」に住んでいて、この診療所の最も長期にわたる患者であった。数年前に初めて サトリ のことが話題になり、それが燎原の火のように広がっていった。その時の報道は、次のような見出しだった。「森の中で凍えている赤ん坊のそばに銀狐の死体があった」とか「少年と狐:東山の謎」といった見出しで報道された。奇跡的な生還を果たした男児を、ある家族が養子に迎えた。しかし、ことはそううまく運ばなかった。その子は耐え難い痛みに襲われるようになりました。その子は耐え難い痛みに襲われ、何日も何日も泣き続け、皮膚は大理石のように白くなりました。その上、額や手首には時々、不思議な赤い斑点が現れ、それは魔術的なシンボルに似ていたのです。養父母は敬虔な信者であったが、 サトリ が悪魔に取り憑かれているのではないかと、すぐに勘当した。鞍馬寺に預けたのだ。寺の僧侶も症状を重く見て、少年は数ヶ月間、寺の地下牢で肉体的な苦痛に加えて苦悩と心痛を味わうことになった。


結局、僧侶たちはその子を助けることができないことを認めざるを得なかった。僧侶たちは、自分たちには何もできないことを認めざるを得なかったが、少年の容態があまりにも悪かったため、抜本的な解決策はとらなかった。 サトリは、末期患者のための病院に運ばれ、わずかな祈りと着替え、そして少年のお気に入りのおもちゃである扇子を託された。そして、彼はここ、片木医院にたどり着いたのである。


年月が経ち、 サトリの痛みはますます強くなり、悔しさと絶望感をもたらした。10代の少年の周りには、病院のベッドと壁と床と天井しかなかった。寝たきりの彼は、週に一度、外の空気を吸いに家の前に連れてこられ、病室の掃除を待っていた。


この時、 サトリは涙を抑えきれずに空を眺め、鳥の鳴き声に耳を傾け、鳥のように自由になりたいと必死に訴えていた。しかし、あれは何だったのだろう。病院の寝台に弱々しくぶら下がっていた手に、誰かの柔らかい感触が伝わってきました。


“ハロー、サトリ” 少年の周りには、黒くてふさふさしたしっぽが見えました。”私たちの兄弟になりたい?”
“あなたは誰ですか?” 少年は尋ねた
“魂を吸収した者の兄弟であり、そのために苦しんでいるのだ。私たちの贈り物を受け入れて、あなたが赤ん坊の時に死んだ私たちの兄弟キツネの魂とあなたの魂を融合させるなら、私たちはあなたの痛みを和らげ、あなたの努力に報います。”
“その通りだ。そうだ、お前は強くなる」という声が聞こえてきました。
“サトリはお前を選んだのだから、お前にはその資格がある “という声もありました。
「真の魔術師になるんだ!」と。
“私は…私は知りません! そんなに必要なら魂を返してやる!」と痛みに耐えながら少年は叫んだ。
“静かにしろ、さとり、さもないと誰かに聞かれてしまうぞ。魂はもうあなたの中にあります。すべてを共有していれば大丈夫。それが公平だよ!」。
“わかった、君がそうしたいのなら “と、病気の少年は声を枯らして答えた。”I’m ready!”
“できた! 立つんだ! やることがいっぱいあるぞ!」。

“さあ、立って!”
突然、さとりは自分がもう痛みを感じていないことに気がついた。信じられないほどの軽さを感じ、背中には本物の、ふさふさしたダークグレーの尻尾があった


一歩、また一歩と、全力で駆け出していった。かっこいいですよね。新たな力に圧倒されたさとりは、お気に入りの扇子を風になびかせながら走った。視線の先には、優美な銀色のキツネがいた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました