ヒーロー

マヤ/Maya

  

スキン グリフ
int
Ma
Ma
HP
Ar
1,365
10,687
10,665
106,645
10,650
Ma
HP
Ar
Md
int
6,500
62,200
6,500
6,500
1,135
アーティファクト 知恵の木
①Md
②Ma
 HP
③int
32,040
10,680
53,394
3,990
HP
Ma
Ar
Md
78,620
8,350
4,290
4,604
アセンション Max ステータス
int
HP
Ma
Ar
Md
2,210
89,250
12,090
11,070
5,750
Pow
int
agi
str
HP
物理
魔法
Ar
Md
131,480
16,417
2,541
2,936
606,941
21,549
132,424
35,051
43,179
   
   

中間、ヒーラー、魔法使い

スキル紹介

通常攻撃

AS 攻撃対象:単体

  • マヤの毒は、セレステやネブラで解除される

花の女王

マヤの周りに魔法の花が咲き、すべてのダメージを防ぐ。破壊されない限り、花は全てのチームメンバーのHPを時間とともに回復させる。

毎秒のHP自動回復:5,273(3%*魔法+10*lv)
花HP:158,424(100%*魔法+200*lv)

  • スキル発動中、マヤは移動できなくなる
  • 敵との距離が離れすぎると通常攻撃をできなくなる
  • 花のHPが残っている状態で再発動すると、花のHPがリフレッシュされ第4スキルが発動する
花の女王

毒花粉

マヤは一番遠くにいる敵に対して、徐々にダメージを与える毒の花粉を放つ。

スキル速度:12秒

合計毒ダメージ:46,106(25%*魔法+100*lv)

  • 0.5秒毎に1回、計12ダメージを与える(6秒間)
毒花粉

有毒の絆

生きた芽が左端と右端にいる敵に絡みつき、お互いを引き寄せて毒状態にする。

スキル速度:20秒

合計毒ダメージ:46,106(25%*魔法+100*lv+2,000)

  • 最前列と最後尾の敵、計2体にダメージを与える
  • 0.5秒毎に1回、計12ダメージを与える(6秒間)
有毒の絆

女王の復讐

魔法の花が枯れると、根が近くの敵に絡みつく。対象の敵は移動不可となり、8秒間ダメージを受ける

毒ダメージ:184,424(100%*魔法+400*lv+16,000)

  • 射程は前線(1列目)まで
  • 0.5秒毎に1回、計16回ダメージ(8秒間)
女王の復讐

育成順序

スキル

スキン

グリフ

アーティファクト

カウンター

アセンション

ランク知力HP魔法ArMd
12307,0001,330890300
231512,2501,0701,4901,480
349519,5003,2303,110
456023,7502,1602,6802,690
561026,7504,3002,9001,280
合計2,21089,25018,720
(12,090)
11,0707,960
(5,750)

装備

破片
合成
660
(33)
900
(45)
520
(26)
1,200
(60)
520
(26)
440
(22)
120
(6)
100
(2)
160
(8)
100
(2)
 
破片
合成
640
(8)
2,160
(27)
160
(2)
1,440
(18)
160
(2)
160
(2)
80
(1)
640
(8)
450
(3)
80
(1)
640
(8)
560
(7)
320
(4)
300
(2)
 
破片
合成
200
(1)
1,000
(5)
600
(3)
600
(3)
200
(1)
400
(2)

ギャラリー

ストーリー

マヤは自然の理に反して生まれてきた。人間と巨人の間の禁じられた愛が、涙となって肥沃な大地に落ち、強く美しい生き物を生み出したのだ。

何年も前の出来事が、何世紀も、時には何年も後に続くことがあります。これは、全人類の祖先である「先駆者」と呼ばれる人々が、この惑星に初めて足を踏み入れたときに起こったことです。

長身で美しい彼らは、鳥のさえずりや小川のせせらぎ、太陽の光が降り注ぎ、壮大なタイタンに守られた、調和と美に満ちた世界を目にしました。そして、先住者たちは自分たちの子孫をこの地に住まわせることにしたのです。そうして人間が生まれた。先住者たちは彼らを何よりも愛していたが、義務として彼らはこの星を去ることになった。世紀を超えて、人間とタイタンは平和に共存していたが、どこからともなく闇がやってきて、世界の完璧な調和を崩した。

ある日、人間たちは大きな音で目を覚ました。怒りを極限まで高めた10数体の巨人が、人間帝国の首都であるサンタールに接近してきたのである。シーモアという巨人は、最も大きな声で不満を訴えた。”人殺し!”と叫んだのだ。「人間は人殺しだ!」と叫んだ。彼は、この世に存在するすべての悪を名指しで非難し、人間はそのすべてに罪を犯しているとした。演説が終わると、彼はフローリアの遺体を森の中から引きずり出した。

人間の群衆からは驚きの声があがった。ブランド総督に来てもらって状況を説明してもらおうという声が上がった。壁を登ってきたブランドは、フローリアを見て目を潤ませていた。何も答えてくれない人間たちは、タイタンたちと口論を始め、タイタンたちはシーモアのやり方に倣って、侮辱の言葉を叫んだ。

互いの罵り合いはやがて小競り合いに発展し、その中でブランドは静寂の泡のように佇んでいた。彼の脳裏には、フローリアと一緒に見た夕焼けや、夜の長話、愛しい人の服についた葉っぱのざわめきなどが浮かんでいた。誰も二人の関係を知らず、ブランドが今感じている悲しみを理解することはできなかった。しかし、自然の巨人を殺したのは誰なのか、そしてなぜなのか。ブランドが頭の中で考えている間にも、周囲は戦場と化していた。ブランドは、自分の疑念を捨て、民衆を率いて戦わなければならなかった。誰が正しく、誰が間違っていたのか、今となってはわからない。

戦いの中で、不安を煽った巨人のシーモアが、誰かに待ち伏せされているかのように急いで平原を去っていくのを誰も気づかなかった。人間の帝国と巨人の世界は、かつてないほどの激しい戦いでぶつかり合っていた。その間にも、東の地にはモンスターの大群が集まっていた。裏切り者で殺人者のシーモアから情報を得ていた彼らは、タイタンと人間の両軍が完全に疲弊した時に来るであろう攻撃命令を待っていた。

反目した裏切り者の罠にかかったことに気付いた反目した民族は、一丸となって怪物の軍勢を撃退しようとした。しかし、それは遅すぎた。

その日は、タイタンにとっても人間にとっても暗黒の日でした。血の川が地表に流れ、人間、タイタン、オーク、悪魔の骨の山が、狂気と裏切りの地上の記念碑として永遠に立ち続けた。タイタンはこの戦いで完全に絶滅したと言われています。人間は、この世界を破壊する魔物たちと生き残りをかけて戦うという悲惨な運命を辿っていた。

偶然にも、ブランドの遺体はフローリアの遺体の隣に平原に放置されていた。愛し合った人間と巨人の血が混ざり合い、大地がそれを吸い込んで、長い年月を経て、世界は再びすべてを正す機会を得ることになった。

この歴史の授業は何のためにあるのでしょうか?世界が再び落ち着きを取り戻し、生まれ変わったタイタンたちが地球を救うために人間と手を組む準備が整った今、ブランドとフローリアの血から不思議な生き物が生まれました。マヤ:2つの種族の子供であり、ドミニオンにかつての調和を取り戻すための存在である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました