ヒーロー

フォックス/Fox

素早さ:1,365 スキン石:30,825
物理攻撃:7,120 スキン石:53,412
HP:106,645 スキン石:55,410
アーマー貫通:10,650 スキン石:55,410
スキン グリフ
agi 1,365 Pa 4,340
Pa 7,120 Ar 6,500
HP 106,645 Ar pen 6,500
Ar pen 10,650 Crit 1,995
    agi 1,135
アーティファクト 知恵の木
Ar pen 32,040 HP 35,280
Ar pen 10,680 Pa 8,215
Pa 3,561 Ar 3,378
agi 3,990 Md 2,416
    Ar pen 3,460
アセンション Maxステータス
agi 2,210 Pow 169,588
Pa 5,270 int 2,748
Ar 4,090 agi 15,501
Md 3,500 str 2,889
Ar pen 9,960 HP 282,925
Crit 3,430 物理 91,389
    魔法 8,244
    Ar 32,024
    Md  11,924
    Ar pen 46,860
    Crit 8,187
ラインロールメインペット
後方射撃手
エンジニア

スキル紹介

発生:0.41
クールダウン:5.4秒
物理ダメージ:91,389(100%物理
弾速:800
射程:350

通常攻撃

攻撃速度: 攻撃対象:単体

大口径火砲

最も近くにいる対象に巨大な発射物を放ち、物理ダメージを与えてノックバックさせる。

物理ダメージ:150,084(150%物理+100*スキルLv)

発生:0.78
ノックバック:200(0.2秒)
弾速:1,050
射程:350

  • 単体の敵を2.5列ほどノックバックさせる
大口径火砲

煙幕

敵の前線に発煙弾を投げつけ、近くにいるヒーローを6秒間暗闇状態にする。スキル「大口径火砲」も敵の前線を暗闇状態にする。対象がこのスキルのレベル以上の場合、暗闇状態にする確率が下がる

発生:0.41
範囲:100
クールダウン:15秒
持続時間:6秒
弾速:700
射程:350

  • 1.5列ほどの範囲の敵全てに暗闇状態にする
煙幕

連続砲撃

最も近くにいる対象を6回撃つ。

ヒット毎の物理ダメージ:18,258(15%物理+35*スキルLv+700)

発生:1.867
クールダウン:23.5秒
持続時間:2秒
ヒット数:6回
弾速:700
射程:350

連続砲撃

強打

パッシブスキル。大口径火砲は対象を5秒間スタンさせる。対象がこのスキルのレベル+40以上の場合スタンの確率が下がる

育成順序

スキル

スキン

HPを先にあげた方がいいかも

グリフ

アーティファクト

カウンター

アセンション

ランク素早さ物理ArMdAr penCrit
1230360100590890300
23157108201,400540
34951,1306601,2902,200680
45601,4401,4602,5701,040
56101,6301,0501,6202,900870
合計2,2105,2704,0903,5009,9603,430

装備

ランク intagistrHP物理ArMdAr penCrititem
白~青+232123321,70061627525021075
7877224808030
紫+176378002202008016054
紫+277771,00061725616024
紫+326102427728040916054
2619526561160256160166
橙+12619526428160160600228
橙+25025450936160600228
橙+34088402,030160320622
橙+41164431161,520409920265
78575783,2002,534320394
赤+150442509,9203,238320960394
赤+22184272188,3202,6241,2001,200960228
合計6833,07169924,94016,3202,5553,2605,6102,762
破片
合成
240
(12)
1,180
(59)
460
(23)
460
(23)
760
(38)
200
(10)
120
(6)
280
(14)
280
(14)
140
(7)
100
(2)
120
(6)
100
(2)
 
破片
合成
80
(1)
1,920
(24)
160
(2)
160
(2)
1,120
(14)
240
(3)
1,280
(16)
80
(1)
80
(1)
480
(6)
300
(2)
240
(3)
80
(1)
560
(7)
320
(4)
450
(3)
480
(6)
 
破片
合成
800
(4)
800
(4)
400
(2)
200
(1)
200
(1)
200
(1)
400
(2)

ギャラリー

ストーリー

この愛くるしい顔に、怒りや疑いの色が現れたのを見た者はいない。それどころか、フォックスはまるで暗闇を照らすまばゆい光のように、仲間の胸を喜びと勇気で満たしてくれる。彼女が銃を手にすれば、敵に勝ち目はない!

母なる自然はフォックスを男の子として計画したに違いありません。気まぐれで個性あふれるトラブルメーカーは、いつも両親をつま先に置いていました。彼女は自分の芸術品や工芸品のレッスンを捨てていたので、他のすべての若い女性の間でとても人気がありました。彼女のお母さんとお父さんは結局、彼らがウェディングドレスで彼らの最年少の子孫を見ることは決してないという事実に彼ら自身を辞任しました。彼女にプロポーズするには頭がおかしいはずですよね?
 

彼女の人種の基準によれば、フォックスも素晴らしい美しさではありませんでした。耳が小さすぎ、体が無毛でした。女の子はこれを知っていたので、頑固で衝撃的な行動でみんなの神経をとがらせることにしました。最初、女性は彼女の嫌悪感を笑いましたが、すぐにフォックスが男性の相手から得た尊敬とサポートが彼らを笑わせなくなりました。小さな男の子、若い若者、成熟した男性、そして年配のギーザーも同様です。彼らは皆、絶え間ない関心を持ってフォックスのシェナニガンを追いかけました。どうして?いたずら好きな女の子のように武器を扱える人は誰もいなかったからです。彼女は、武器と自走式大砲を使用して、少なくとも3ダースの異なる火薬を手作りしました。残念ながら、フォックスの故郷は700年以上戦争を経験していなかったため、彼女の発明で見つかった唯一の用途は、庭に害虫を殺す毒を分配し、雪崩を引き起こし、山の荒らしを追い払うことでした。さらに、フォックスの武器は、姉のアニーのデバイスほど人気が​​ありませんでした。アニーはすべてにおいてフォックスを上回った。もちろん、武器を除いて。武装は彼女の興味の範囲外でした:彼女は武器を作ることを男性だけのための娯楽と考えました、そしてまた戦争のない時代には全く無意味でした。当時、それは...
 

ある夜、街全体が恐ろしい雷鳴と何かが燃える匂いに目覚めた。信じられないほど巨大な巨人が町を通り抜け、彼の道のすべてを押しつぶしたかのように、通りはリズミカルなドキドキで揺れました。それが起こったとき、それはまさにそれでした。
 

パニックが起こり、みんなが叫んで走り、母親は赤ちゃんを救うために急いでいました。フォックスは、しかし、単に彼女の窓に立って、彼女の小さな手を暖めました。
 

彼女の特別な新しい耳栓で深く眠っていたアニーが隣の部屋で静かに居眠りしていることすら彼女には起こりませんでした。


通りで何かが爆発し、いくつかの木が騒々しく倒れました。男性は自分の持ち物を大失敗から引きずり出していました、そして何人かはお互いの所有物をめぐって争い始めました。妹を起こさないように、そして静かに人気のある曲を口笛で吹くように、フォックスは慎重にワークショップへの階段を下り始めました。耳をつんざくような咆哮があり、フォックスから3ブロック離れた家が、これまでに見たことのない怪物の重みで崩れ落ちました。ほこりが近所全体の空気を満たし、キラービーストのステップをさらに不吉にしました。


   アニーはまだ眠っていて、伸びて、唇を叩き、ベッドでひっくり返しました。耳栓は本来の位置に留まり、少女の繊細な聴覚をあらゆる音から保護しました。


   フォックスは手袋をはめ、重いバケツをつかみ、奇妙な黒い火薬で満たした。向こうの家は燃えていました:怪物は彼女の妹アニーがそのような愛と注意で作ったガス管を壊しました。 「なんて劣等生だ」とフォックスは考え、暗い隅に隠された奇妙で巨大な構造物を覆っているシートを引き下げた。


   それから恐れを知らぬ少女が工房の扉を開けると、怪物の熱い息が彼女の頬を燃やした。彼女の最新の超重火器であるストームブレイカーに黒い火薬を装填して狙いを定めるのに1分かかりました。そして彼女は解雇した。怪物は恐ろしい遠吠えを放ち、その巨大な胃をつかみ、彼らの素敵な家の壁にぶつかり、そして死んでしまいました。


   秋になってほこりが舞い上がり、アニーは眠りにくしゃみをしました。そのくしゃみがついに彼女を目覚めさせた。アニーはちらっと見回しましたが、彼女の目はまだ半分閉じていて、彼女の前の写真を撮りました:破壊された町、敗北したモンスター、歓声を上げる町民。それから、彼女はもう一度くしゃみをして、すぐに眠りに落ちました。


   フォックスと彼女の奇跡の武器が成し遂げたことのニュースは町をはるかに超えて伝わり、インバール皇帝自身の耳に届きました。彼は勇敢なエンジニアを首都に招待し、勇敢なガーディアンの分隊に彼女を任命しました。ここで、ついに、フォックスが本当に自分自身を手放すことができる場所でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました